カヌーな日々「50人前カレーを召し上がれ」

スポンサーリンク

ミクシィに書いておいたけど忘れないうちに転記しときます。

カヌーな日々「50人前カレーを召し上がれ」

 

最近ご無沙汰だけどピラニア@山田のカヌー歴は高校1年から。

ということで20年以上にも及ぶことになるんだねー。

あの頃(コーコーセイ)は「カヌーやってます」といったって「これですか!」と手振りでボートを漕いでいるマネされて、「オイオイ違うっテーノ」ということが多かったけど・・・

「すぐおいしい。すごくおいしい。」のキャッチコピーで野田ともすけさんがカヌーに犬と乗って日清チキンラーメンをすすっているCMが巷に流れる頃にはケッコー、カヌーがブームになりました。

高校生でカヌーやっているってケッコー珍しいよね。

コーコーの部活でやっていたわけではないんですよ。

今もスッゴクお世話になっている先生が所属していた

社会人のチームに入ってました。

というわけでうちらのコーコーの1年先輩に1人、ピラニア@山田の同級生に(今まで生き残った連中だけで)7人位、1コ下の後輩も7人位かなー。

1年先輩はほとんど別格だったのでピラニア@山田と1コ下の連中で毎週土曜日に 学校が終わると埼玉にある合宿所に泊まりにいき、日曜日になると社会人の先輩方に多摩川の上流の御岳や秩父の長瀞に連れてってもらい1日中カヌーを漕ぎまくるという日々を送っていたんだ。

今考えると信じられないことだけどこれだけの人数がいたのにカヌーな日々をおくった高校3年間ホント「1銭も払ったことがなかった」

僕らの食い扶持やら何やらは大人たちが全部負担してくれたんだ。

良い時代だったねー。

というのは簡単だけど年に数百万はかかったらしい(後日談)
============================
カヌー軍団も社会人となりカヌーからチョット離れた1991年(26歳だねー)に昔のメンバーが揃って「全日本天竜川カヌー大会」(長野県)に出場したんだ。

天竜川は諏訪湖を源とする川なんだけど川幅が広いのに豪快な波とスンゴイ水量を有する川でホント楽しい

(台風が来なければ)カヌーができるところなんだ。

高校生の時に1度出場して4泊キャンプをした思いでの川でもある。
============================
キャンプって昔々20年前からやってんだけど、ほとんどキャンプ場でしたことがなかったね。いっつも河原や駐車場の脇なんかに勝手にテント張ってやってたんだ。

だから91年(今から10年前)でもタープテントなんて持ってなかった。

天竜川の河原にブルーの工業用防水シートを敷いて6畳分の面積を確保して河原から石を持ってきて釜戸をつくり、ハイソレマデーヨーって感じ。

テントだって登山用の3人用テント1張りとディスカウントストアで売っていた底が工業用防水シートでできているやつ(こんなの今使っている人なんかイネーよ!)が2張りだけ。

あとは車で寝るか、満天の星の下外で寝るかしかなかった。

このテントを張った長野県の市田っていうところがムチャクチャ暑くて 日中タープテントがないから日除けが全くない僕らはお日様と一緒に少しずつ車の陰が動くのと同じに小刻みに移動しなければならなかった。

ホント暑いんです。試しに我が愛車パジェロ君のボンネットで卵を割ってみたんだけど暑すぎて白身が思いっきりくっついてやんの。

(注:必ず油はひきましょう)
============================
キャンプの楽しみって夕飯じゃん!ピラニア@山田らのカヌー軍団では自然と役割分担ができていてピラニア@山田はキャンプの企画とメンバーの招集、飯炊きはK(メインシェフ・チホーコームイン)と渡辺(当時コッカコームイン・現在の名称不明)にピラニア@山田弟の担当となっておるんです。

キャンプの基本メニューといえばカレーライスじゃん。

トーゼン我らも基本に忠実に王道を歩むことになったんだ。

事前にカレーを作ることは決めていたからピラニア@山田がディスカウントストアでカレーのルウや料理器具を買い集めておいたから、後は現地のスーパーで野菜やら酒を調達して調理が始まった。

飯炊きが始まるとカンケー無い者どもは酒をカックライ始めた。

うちらのキャンプは他の大会参加者から、「お花見キャンプ」と呼ばれていた。(うまい命名だよねー。防水シートしかないんだから。雨降ることを全く考えていない

なんてホントお茶目な奴らだよねー)

カレーを作っているうちにビール飲んで気持ちよくなっている

コガ(リフォーム屋)が「ちょっとカレーユルクない?」と汗ダクのシェフに問いかける。

シェフたちはムッとするも素直にカレーのルウを継ぎ足す。

(書き忘れてたんだけどカレーのルウは業務用の50人前を持っていっていた)

ルウが溶けてまた味見すると今度は辛すぎる。

「じゃあ、もうチョット薄めるか。」 こんなことを数度繰り返すうちに業務用のルウを全て鍋に投入してしまった。

結局バケツ2杯分ぐらいのカレーをつくっちゃった。

10人ぐらいしかメンバーいないのにバケツ2杯分だよ!

暗くてよく見えなかったけど(そういえば初期の頃はランタンも持ってなかった)カレーはまるで肥溜めのウンコのように神々しかった

あんなにたくさんカレーを食ったことはあのとき以来無い。

カレーのゲップってクセーんだよね。

最後は食べきれなくて穴掘って埋めました。
============================
今回はこんなところでおひらきとしましょうか

まいどでした

タイトルとURLをコピーしました