農業での起業を考える

スポンサーリンク

農業での起業というのは大変難しいです

それが昨年8月下旬から今年1月一杯農業に携わってみた感想です

以下農業で起業を目指す人たちとライングループを作っていて先程投稿したものを引用します

======================
農業で起業して仮にですが年収400万を目指すとして、

利益率35%だと売上1142万

利益率50%で売上800万円が必要になります。

1つ100円の野菜を利益率35%で11万個以上。
利益率50%で8万個を年間販売しなければいけません。

11万4200個って、これを365で割ると1日当たり312個になります。
例えば1年間休まず毎日大根を300本出荷してお金にする感じです。
なんか途方もないですよね。

それでは何を目指せばいいかというと、2つしかありません。
1 平均単価を上げる
2 数量を増やす

1と2を同時にやれれば儲けは爆発的に増えます。1だけできても生産数を減らすこと(年収400万目標として)ができる+コストが下がるので利益額はかなり増えます(生産数が減ればガソリン代や箱代、人件費などが減るので)
2だけやると単純に労働時間が増えるだけです。(労働時間が増えた分は売上上がりますがカラダ壊します)

つまり
1 平均単価を上げる
これをどうやって実現するかが成功の鍵を握っています。

これは農協に出荷するだけの人にはできないのです。
自分で単価上げられないので。というわけで農協に出荷している人は儲けられないというのが結論です。

タイトルとURLをコピーしました