松戸市に住む小学1年生が行方不明。(身長1m15cmくらい、ショートカットで、薄いピンクのTシャツに青色のズボン)情報提供は、「047-369-0110(松戸警察署)」までお願いします
詳細はこちら(マツタビサイトへ)

スポンサーリンク

dマガジンがどれ位ページが省かれているかKindle雑誌と比較してみた

スポンサーリンク

BE-PAL
これBE-PALの今年の4月号。出たばかりのやつ。

BE-PALは創刊号から(途中停止期間はあるが)読んでいる。

この雑誌の創刊は高校1年の時。当時山岳部だった。

今思えば時代をかなり先取りしてたんじゃないか。発行した小学館すごい!

雑誌界の「鉄腕DASH!!」みたいだ。ちなみに鉄腕DASH!!は1999年4月からだ。

このBE-PALはdマガジンでも読める
dマガジン
dマガジン とKindleのBE-PAL2016年4月号とではどれ位ページ数が違うのか比較してみた。

dマガジンでは総ページ数75ページだった

Kindleではページ数がナンバリングされているページで146ページ

これで比較するとdマガジンでは半分ぐらいが読めることになる

ところが4月号では別冊付録がついていた。

「地図の読み方」完全マスターブック 66ページ

この付録はdマガジンでは全く読めない。

以上から付録を含めるとKindleは146+66=212ページとなり、dマガジンで読めるのは全体の35.4%となった。

スポンサーリンク

結論

以上のページ数の比較から紙の雑誌またはKindleで読んでいる方はそのまま購読を続けた方がよいでしょう。

ただ160誌以上のダイジェスト版を読めるのはかなり魅力があります。

読んでみて気に入ったら紙の雑誌またはKindleを買ってみたらいいでしょう

タイトルとURLをコピーしました