さらば 電脳卸 その2

スポンサーリンク

電脳卸でいう卸会員(A8でいうところの広告主会員)にとっては自社サイトに送客してくれればよいのである。

しかしながら電脳卸ではSTMXという電脳卸のショッピングサイトへの送客となる

つまり卸会員は自社サイトとは別でもう1つの販売サイトを持たなければならない。

これが良いと考える卸会員さんもいらっしゃると思うが私としては手間が増すばかりでしょうがなかった。

実際にカードの料率や最低報酬額の変更・ポイントシステムの導入などは自社サイトへ誘導してくれれば問題ないのにやたら面倒だ。

卸会員の立場から見れば、自社サイトへの誘導ではないので常に成果報酬という経費が発生する。

自社サイトへ誘導してくれればクッキーの有効期限が切れた以降のお客さんの経費はかからなくなる。

電脳卸から見ればSTMXというショッピングサイトへ誘導することにより売れた分は必ず手数料がいただけるという面がある。

アフィリエイトサイトとしても自分のサイトを踏んで買い物してくれたお客さんが継続して買い物してくれることで成果報酬を長期的にいただけるという面もある。

サイトが1つ増えて経費が増加する分以上の売上と粗利を確保できるかどうか非常に難しい。

ショッピングモールとしてみたら楽天やヤフーとは比較できないからだ。

現在の料金プランではディスカウント系の店では出店は難しいのではないだろうか

(私どもは早い段階で出店したので現行の料金プランとはかなり違った。現行のプランだったら出店は考えられない。)

ただ卸会員数の伸びが感じられないのは事実である。

STMXの売れ筋をみても成果報酬が著しく高いものが多いように思う。

アフィリエイトサイト(販売店)にしても報酬が高いものは魅力的だからサイトで取り上げる率も高いだろう。

ただこれが逆に成長を阻害している可能性があることも否めない。

商品画像を仕入れてもらうという斬新な発想も現在では楽天でもヤフーショッピングでも行えるようになった。

普通のショッピングモールとして魅力あるものにしていかないと早々に壁にぶつかる可能性はないのか?

データ消失事件以降は普通の会社を目指しているように感じてならない。

昔のやんちゃでテキトーなところが良かったんだけどな。

長くお世話になったしこれからどんな成長をみせるか楽しみにしています。

頑張ってください

タイトルとURLをコピーしました