あと10年はこの世にいるだろうということで10年手帳を買った

スポンサーリンク

今年55歳になる。

これまでのどの10年よりもこれからの10年が面白いんじゃないかと思ってる。

10代、20代は小中高大と変っていくので自分から変化しなくたってある意味自動的に日々変わっていく。

それに引き換えこれからの50代半ばから60代半ばというのは自分から生活を変えていかないことにはなんの変化もない平べったい人生になってしまう。

自力で動かすことが大事だ

あと10年はこの世にいるだろうということで10年手帳を買った

ということでこれからの激動の10年間を記録しようと、「高橋 手帳 2020年 A5 10年卓上日誌 茶 No.68 (2020年 1月始まり)」を買った。

1日分の記録が3行。これぐらいで丁度いいんじゃないだろうか。

この10年手帳が面白くなるのは1年間記録を綴ってからだ。

2年目からは1年前の記録と比べることができる。

この比べることができるというのがこの手帳の良いところだ。

1年前の自分より転がり続ける自分に出会えるように努力しよう。

これであと10年死なないで頑張る理由ができた。

タイトルとURLをコピーしました