古い自転車の空気が抜けるようになったらパンクの前に虫ゴムの劣化を疑おう

スポンサーリンク

私の自転車。もう10年以上は乗っている。

最近乗った翌日になると空気が少し抜けていて、その度に空気を入れていた。

自転車のメンテナンスの知識はないがパンク直しキットがあったのでタイヤをはずしてチューブの穴があいている箇所を探した。

そうしたらどうも穴があいているのではなく、バルブ付近から空気が抜けているのがわかった。

調べてみると虫ゴムが劣化して空気漏れするらしいことがわかった

虫ゴム
調べてみると、虫ゴム不要で、虫ゴムの6倍長持ちする商品を発見。

ブリヂストン スーパーバルブセット

ブリヂストン製なんで品質も問題なし!
BRIDGESTONE(ブリヂストン) 虫ゴム不要のスーパーバルブ 1パック (虫ゴム) VS-5 P3281 VS-5・P3281 A710005

簡単に交換できます。空気をいれてみたら翌日も空気抜けなし。

パンクじゃなかったんだ
BRIDGESTONE(ブリヂストン) 虫ゴム不要のスーパーバルブ 1パック (虫ゴム) VS-5 P3281 VS-5・P3281 A710005
2個入りなので前輪と後輪両方とも交換しました

めでたしめでたし

タイトルとURLをコピーしました