私の勝手に世界遺産 その1 ミニー・リパートンのLoving You(ラヴィン・ユー)の歌声

スポンサーリンク

私の勝手に世界遺産 その1 ミニー・リパートンのLoving You(ラヴィン・ユー)の歌声
ミニー・リパートンのLoving You(ラヴィン・ユー)の歌声はきっと自分が中学生の頃からどこか引っかかていたんだ。

調べてみると僕が14歳。中2のときに彼女は亡くなっていた。

彼女のことを詳しく知ったのは1年ほど前。

それまでは時々どこからかLoving You(ラヴィン・ユー)が流れてくるとじっと聴いていた。

彼女の他の曲も聴くようになったのも同じ頃。

上の画像とは全く違ったイメージを抱いて聴いていた。

「金髪・スレンダー・白人・長身・真っ赤な口紅」これが僕のイメージ。

イメージとは全く違ったけど、オトコはオンナにこんな風に愛されたいとみんな思ってる。

タイトルとURLをコピーしました