フツーの人が泥棒になるとき。

スポンサーリンク

フツーの人が泥棒になるとき。

日曜の深夜にTBSで、

「大震災-記者たちの眼差し Ⅳ」をやっていた。

もう4回目らしいが以前に一度見た記憶がある。

番組はTBS系の若手記者達が3・11大震災にどのように向き合ったかを記者各々の視点で描いたドキュメンタリーだ。

記者がその時どこにいたかでも描き方は変わる。

色々な視点で見ることができてなかなか興味深い番組だ。

今回の番組見てて他人事じゃないなーと思ったのは、大震災後にコンビニや倉庫で商品を盗んでいる映像だ。

ビニール袋に缶ジュースなんかを大量に入れて盗んでいく人、荒らされた倉庫、紳士服の店もやられてた。

コンビニが襲われてて、店長が店に来たときには多くの人が盗んでいる途中だった。

店長が、その泥棒の1人に、「なんでこんなことするの?」と聞いたら、

そいつは、「みんながやってるから」と答えたそうだ。

うちらも食料品扱っているし番組見ていてなんかいやーな気分に陥った。

この人達も、「職業=泥棒」な人たちじゃない。

群集心理なのかわからないけど、みんなでやってるから大丈夫的な考えってどう考えてもおかしいよな。

もう少し辛抱していれば救援物資は必ず来るだろう。

その辛抱が出来ないで人よりも早く食料が欲しいから他人の財産を奪って良いという法はない

みんながやってるから俺だけが悪いわけではない。

これが正しいなら、飛躍してるかもしれないけど

みんなでリンチしてるから俺だけが悪い訳じゃない。

みんなで集団レイプしているから俺だけが悪い訳じゃない。ってなんないの?

やっぱ俄どろぼうになる人 あぶねーよ

俺は今日決めた。

関東が大震災に襲われたらうちは自家用を残してその他の商品は全部販売させていただきます。

俺らの規模ではかっこつけて無料で配ることはできない

あしからず!

タイトルとURLをコピーしました