子どもの命について 野田聖子さんに思うこと

スポンサーリンク

明日の夜野田聖子さんとお子さんの特番がある

見る気は全くない

この特番に絡んで何だろうが年を明けてからお子さんとの露出が多いし、民放各局で結構時間を割いて伝えているのでなんとなくいくつかの番組を見た

ご主人の精子と米国人女性の卵子による受精卵を野田さんの子宮に入れられ妊娠したそうだ

またお子さんがこれほどの障害を抱えていることもそれらの番組を見るまで知らなかった

医学の知識がないのでどこのところにリスクがあるのかわからないが、

素朴な疑問としてなぜに野田さんが自分自身での妊娠出産についてこれほど拘ったのかということだ。

ご主人の精子と米国人女性の卵子による受精卵ということは、生まれてくる子どもと野田さんには血のつながりはない。

つまり自分と血がつながっていなくてもご主人と血のつながりのある子どもを自分の子どもとして育てようと決めたということだ

それだったら自分自身での妊娠出産というイベントに何でこんなに拘ったのだろうか

そこまで決意したのなら自分のお腹から生まなければいけない理由はないんじゃないかと思う。代理出産よりも大幅にリスクが高まると誰だって思うんじゃないか

自分のお腹から生まれたら自分が母になるわけじゃないんだよ

養子の子を育てたって母には違いないんだよ

結局は結果論になってしまうけど

それとなぜ子どもをテレビその他に公開してしまうのだろうか

芸能人だって子どもをテレビなんかに公開しないよ。それを特番組んでまで。

こんな小さな子を守るのは親の役目だよ

野田夫妻にはただただ長生きして欲しい

切にそう思います

タイトルとURLをコピーしました