イチロー200安打問題

スポンサーリンク

祝☆イチロー
祝☆イチロー / awayukin

今年のイチローは今までになく不振だ。とってもフツーの選手から見たら凄いけどね。

イチローのシアトルマリナーズ入りしてからの安打数と打率は

(安打数/打率)
2001年   242/350 地区優勝
2002年   208/321
2003年   212/312
2004年   262/372 地区最下位
2005年   206/303 地区最下位
2006年   224/322 地区最下位
2007年   238/351
2008年   213/310 地区最下位
2009年   225/352
2010年   214/315 地区最下位
2011年は9月7日現在 161安打・打率271

今までで最低の成績で推移している

過去にあれだけ打ってきたのにチーム成績で見ると過去10年で5回の地区最下位とよくこんな弱いチームで高いモチベーションを保ってきたとある意味感心する。

逆の味方をすれば、チームの成績と全く関係なく個人成績のみを追求しているとされても致し方ないところもあるだろう

前回の契約更新の時に移籍するのかと思ったがそのまま残留。

このままマリナーズのイチローで終わることは確実だろう

残留を決めたときに引退まで200本打つことを決めたんじゃないかと推測するが。

ヤンキースでもこの成績を残せたか?

勝利を常に要求され常に上位争いをするチームで、

ファンに成績が悪ければブーイングが起こるところで、

松井にしても読売巨人軍時代の成績は越えること出来なかったからね

なんか200本安打がかなり厳しい今となっても(残りを1試合2本ペースでいかないといけない)マスコミは騒いでいるけれど、騒げば騒ぐほどなんか冷めてしまう自分がいる。

変に200本安打なんかに拘らずに、 自分の打った1本の安打がチームの勝利に貢献する

そんなヒットをたくさん見たかった気がする。

今年の成績がまだ途中なのでわからないけど、来年の成績は見物だ。

プライドに賭けても最高の成績を残すかもしれない

あるいは王貞治・長嶋茂雄でも最後のシーズンは2割5分打てなかった。

引退を賭けた闘いかもしれない

とにかく来年のイチローに注目

タイトルとURLをコピーしました