お墓掃除の話

スポンサーリンク

お墓掃除の話
(うちのお墓です。5㎡・4月に撮影・ツツジが咲いています)

うちのお墓は都営八柱霊園にある

都営だがなぜか松戸市にあり、広さは東京ドーム約20個分だそうだ

園内には公園みたいなところもあって小学校低学年の頃は徒歩遠足で来たこともある。

園内は広い道路が格子状に展開している。

初めはとても広い区画で貸していたのだろう、区画によってはワンルームマンション1戸より広いんじゃないかというものもある。

それと宗教での分け隔てがないのか建物のようなもの、古墳みたいなのと変わったお墓が数多く見ることが出来る

うちのお墓なんだけど結構手作り。

お墓の周りのブロックは亡き父が積み上げて作ってある。

雨に打たれてボロボロになりつつあるが父の作品だからそのままにしている

お墓掃除の話
左手にある灯籠も山形で買って持ち帰り父が組み立てた。

父親が死んで24年経つが当時は砂利も敷いていなかった。

当たり前のように夏場は雑草が生い茂るので砂利をいれた。

それでもすき間から雑草は生えてしまう。中には深く根を張り巡らす雑草もあって草刈りに難渋していた。

そこで今回、除草シートという黒のメッシュ状のシートを砂利の下に敷設した。

すると効果てきめん雑草はほとんど生えなくなった。

生えても深く根を張れないので簡単に抜くことが出来るようになった。

都営のお墓なので年1度の管理費を払い続けている限りお墓を没収されることはない。大きなお墓にしてもお寺にお墓を持つのに比べたら遙かに維持費は安い。

大通りの大きなお墓でも雑草が私の背丈ほどになったまま放置されているお墓が数多くある。そういうお墓の雑草の足元は枯れ草で覆われているところを見ると放置されてから数年というものもある。

こういうお墓は見るに堪えない。

大通りの歩道にまで雑草が倒れかけている。

一族が絶えてしまったのかもしれない。

銀行口座も年に1度は引き落としがあるわけで休眠口座にもならないだろうし残高がなくなるまでこのままなのだろう。

このまま少子化が続けば放置されるお墓は増え続けるだろう。

せめて霊園管理費も自分で清掃管理する一般的なものと別で追加管理費を支払えば草刈り程度は年数回やってくれるものの2通りにするのはどうだろうか

ぜひ霊園管理者様ご検討ください

タイトルとURLをコピーしました