痴漢のえん罪判決とるのは難しい

スポンサーリンク

それでもボクはやってない

昨日のフジテレビのミスターサンデーで7月の痴漢行為に対しての逆転無罪判決がでた事件について見た。

事件については
東京・三鷹バス痴漢冤罪事件
小石勝朗/法浪記 第9回:三鷹バス痴漢冤罪事件
三鷹・バス痴漢冤罪事件を支援するHP
などに詳しい。
確かにバスの車内ビデオに記録されていたのは左手はつり革、右手はガラケーでメールみたいだから犯行自体不可能なように見える。

「それでもボクはやってない」のページへ
しかし痴漢で疑われたら堪らないよね

やったかやってないか立証するのが難しい

目撃者がいなければ自白のみ

自分は電車バス通勤ではないのでそれほどでもないが電車バスに乗るときは、

基本女性から離れたところに位置しようとします。まただいたい本読んでますけどね

暗い夜道で方向が同じだったら、大きな声でカラ咳を何度もします。相手に存在をわかってもらうために。

なんでこんな面倒くさい事しなくちゃいけないのとも思うけど、容疑をかけられたら晴らすのは並大抵な事ではないという事が番組を見ていて思いました
「それでもボクはやってない」のページへ

タイトルとURLをコピーしました