人の好き嫌いが激しい人は結局損する話

スポンサーリンク

人の好き嫌いは誰にでもある。

そりゃあ、自分にだってある。

ただこの好き嫌いが激しいというかハッキリしている人がいる。

人を好きか嫌いかのどちらかに分別してしまう人。どちらでもないという曖昧な判断はしない人がいる。

こういう人はひどく損をしているように思う。

 この人を好きか嫌いかはどう隠したって態度や顔に出る

自分が相手から好かれているか嫌われているか、あるいはどちらとも言えないという曖昧な感じかってだいたい分かるんじゃないでしょうか

好かれていれば悪い気はしないですし、嫌われてると思えばなるだけ近づきたくないと思うのが人情。

好き嫌いが激しいというかハッキリしている人は相手から自分と同じように自分のことを好きか嫌いかの2択で迫っているのと同じです。

つまりどんどん敵を多く作ってしまう。

何でこうなるかと考えてみると、好き嫌いが激しいというかハッキリしている人はまず相手の嫌いなところから見てしまうから。つまり相手のマイナスな部分にフォーカスしています。

これってすごく損してると思いませんか?

特に自分が会社経営者や部下を持つ身、あるいはリーダー格だとしたら。

間違いなく相手のやる気を削いでしまう。

それではどうするか?

相手の良いところから見る癖をつけましょう。嫌いな相手でも必ず良いところあります。つまり相手のプラスの部分にフォーカスすることによって、相手への態度も変わります。

相手にしてみれば、たとえ好かれていなくとも嫌われていないと察知できれば、仕事の能率だって貴方への態度だって変わるはずです。

私も当然人間ですから人の好き嫌いはありますがそれほどでもないのは相手の良いところから見るようにしているからです。

これって精神衛生上もプラスです。ギスギスしないですみますから。

タイトルとURLをコピーしました