トマトジュース嫌い 克服法

スポンサーリンク

トマトジュース嫌い 克服法
嫌いな納豆もなんとかなりそうなので、次はこれをやっつけよう

トマトジュース。
====
トマトは大丈夫

というかおいしいのなら積極的に食べたいぐらい(現在は)。

しかしこれがジュースになるとそうはいかない

というか飲まず嫌い。

いくつのころか覚えていないけど父親の知り合いのところへお見舞いに行ったんだ。

そうしたら缶のトマトジュースをくれた。

なんかここで飲まなきゃいけない雰囲気

初めてトマトジュースを飲んだ

その頃はトマトなんて嫌いだった

吐くかとおもったが何とか飲んだ

その後トマトはずっと食べていなかった

やはり幼い頃のイメージが消えないから

食べるようになったのは高校2年

夏休みにカヌーのエスキモーロールだけ練習する合宿の時


真夏なのにずっと1日水に浸かっていたからカラダが芯から冷えていた

その時焚き火をしながら暖をとっていたとき食べた差し入れのトマト

これがものすごく旨かった

これで食わず嫌いが直った

トマトジュース嫌いの克服法を調べたらこんなのがあった

私も長年嫌いだと思っていたのですが、ドイツ旅行のとき夫が機内でトマトジュースをもらったら一緒に塩コショウをくれて、それを味見してみたら冷たいスープみたいでおいしくて、それから飲めるようになりました。今では機内で小腹がすいたとき、トマトジュース+塩コショウが定番になりつつあります。

日本やアメリカの飛行機でトマトジュースを頼んでも塩コショウはついてきませんが、ドイツではこうやって飲むのが普通なんだそうです。詳しくは→

早速試してみた

ついでにガーリックソルトもあったのでそれでもやってみた

まずはトマトジュース食塩無添加をそのまま頂く

青臭い臭いが残るし少々水っぽい感じ

塩コショウで飲んでみると味が引き締まる

水っぽさが消えた

ガーリックソルトでやってみても水っぽさが消えるが口の中にガーリックが残る感じがする

 

結論

ドイツ人は正しい!

タイトルとURLをコピーしました