山際淳司の野球短編だけを集めた「江夏の21球」が新書として出版された。野球好きの方はぜひ読んで。

スポンサーリンク


以前山際淳司について書いたブログが、

錦織圭のことを山際淳司が生きていたらどう書いただろう?

読み返してみたらその時で彼の享年46歳を自分が追い越していたんだとなぜかしみじみとしてしまった。

死んで人生を全うしたと思う有名人は多いが、彼は「まだもったいない」と思える人の中でも自分の中ではトップ級の人だ。

野球短編だけをまとめて角川から新書で出るのを知ったのは、つい先程。

スマートニュースで衣笠祥雄の対談を見つけたからだ。

手元にある「江夏の21球」は既に自炊してGoogle DriveとEvernoteのなかに保存されている。

角川文庫の「スローカーブを、もう一球」の中に納められている。

カドブンの衣笠祥雄と山際淳司の一人息子の対談が面白い。

【『江夏の21球』対談 衣笠祥雄 前編】 野球を知らなかった山際淳司
【『江夏の21球』対談 衣笠祥雄 後編】試合後に江夏が漏らした一言

前編の衣笠祥雄が語る、「江夏の孤独を言葉にできたのは、山際さんだけだった」って言葉は含蓄があるよね。

あの時代同じグラウンドでプレーして仲の良かった彼にしか言えないよね。


山際淳司の本でもう1冊おすすめしたい本が「ルーキー」だ。

この本は清原和博の活躍と同世代一緒にプレーした選手たちを描いたものだ。

一番読んで欲しいのは清原和博本人だ。

彼がどれだけ輝いていて同世代を象徴する存在であったか

その後の転落から(きっと再生するとして)の彼を山際淳司に書いてほしかった。

タイトルとURLをコピーしました