トム・ハンクスの「キャストアウェイ」

スポンサーリンク

チャック・ノーランドは、世界宅配便“フェデックス”の敏腕システム・エンジニア。世界中を駆け回り、システム上の問題解決に明け暮れている。一秒も無駄にしないことが彼の信条だった。そんなある日、彼の乗った飛行機が事故を起こす。奇跡的に一命を取り留めたものの、彼が漂流した先は無人島だった。まったく孤立無援の環境に投げ出されたうえ、日常の便宜から切り離され、チャックは生きるために必要な水と食料、寝る場所の確保の問題に直面する。過酷な環境の中、彼は孤独という精神的な試練に対し、ケリーを心の支えに生き抜く。4年が経ち、ついにチャックは無人島から脱出して文明社会の現実へ戻る。だが、そこで彼を待っていたのは、更なる厳しいもうひとつの試練だった……。

「キャストアウェイ」(字幕版)をアマゾンで見る

「キャストアウェイ」(吹替版)をアマゾンで見る

自分の時間だけが止まったままで元の生活に戻れるだろうか

チャックがいた無人島はさん語調で出来たものじゃないかと思われるが外海の波を越えるのは大変だろうなあ。

タイトルのcast awayの意味は世間から見捨てられたとか漂流者という意味があるようだ

これもアマゾンプライムビデオで鑑賞した

タイトルとURLをコピーしました