仁義なき戦い 広島死闘編/代理戦争を続けてみた

スポンサーリンク

東映実録ヤクザシリーズ第二弾。一時休戦していた博徒の村岡組とテキ屋の大友連合会だったが、ここへきて再び抗争が勃発していた。博奕のトラブルから刑務所に入った山中は、仮出所早々、大友連合会の連中に袋叩きに遭う。それがもとで、山中はライバル組織の村岡組の組員となるのだった。村岡の姪でもある靖子ともいい仲になるが・・・。

「仁義なき戦い 広島死闘編」をアマゾンで見る

東映実録ヤクザシリーズ第三弾。広島最大の暴力団である村岡組の跡目を巡り、山守と打本が対立。打本は広能を仲介に神戸の明石組組長に盃を申し入れるが、それを不快とした村岡は、山守を跡目に据えた。抗争に敗れた打本は神戸の明石組組長の元へ逃れ、一方の山守は神戸の神和会と手を組んだ。かくして代理戦争が勃発していく・・・。

 

「仁義なき戦い 代理戦争」をアマゾンで見る

仁義なき戦い 広島死闘編/代理戦争を続けてみた

ネットフリックスの無料体験で。

この2本を通じて主演の菅原文太以上の存在感を示したのは成田三樹夫だ。

端整な顔立ち、涼しい目。内面に宿る狂気。

そんな彼は東大中退のインテリだ。このギャップがまた良いのかもしれない。

ゴッドファーザーの若いころのアル・パチーノにも通じるものがある

探偵物語のコミカルなものよりずっと良かった。

若くして亡くなったのは残念だ

タイトルとURLをコピーしました