「二郎は鮨の夢を見る」にみる仕事に終わりがある人生とない人生

スポンサーリンク

東京・銀座の地下にあるたった10席ほどの鮨店・すきやばし次郎の店主・小野二郎。彼の握る鮨は「ミシュランガイド東京」で5年連続、最高の三つ星の評価を受け、フランス料理最高シェフのジョエル・ロブションや、ヒュー・ジャックマン、ケイティー・ペリーといったハリウッドセレブなど、世界中の食通たちをうならせてきた。あのメトロポリタンオペラの総帥、ピーター・ゲルブ氏の息子でもあるデヴィッド・ゲルブ監督は、87歳の今でも現役で板場に立ち、現役で己の技を磨き続ける二郎の職人としての生き様に魅了され、その人生と哲学を題材に映画制作をすることを決意した。そして、約3ヵ月にわたり東京、静岡と密着取材を敢行した。

「二郎は鮨の夢を見る」をアマゾンで見る

「二郎は鮨の夢を見る」をみた

この映画が問いかけているのは、「好きな仕事がありますか?」

「一生続けたいですか?」定年のある人生とない人生。

ゴールがある人生とない人生。

 

あなたならどちらを選ぶ?

タイトルとURLをコピーしました